原状回復工事をするなら最初に業者選びを行ないましょう!

カッパの性能

ヘルメット

カッパと聞くと雨から身を守るために着用するイメージをお持ちの方が多いでしょう。しかし、カッパの役目はそれだけではないのです。防水性はもちろんですが、耐久性や衛生性、視認性など様々な機能を持ったタイプもあります。これらの機能があれば、あらゆる仕事現場での作業がしやすくなります。

消防士は一言で言えば、火災を止める仕事をします。そのときに水を扱うため、防水性は必須となるでしょう。また、火による熱から身を守るために、透湿性なども必要になってきます。透湿性が備わっていると、熱を逃がすことが可能です。消防士専用の作業用カッパは生地の密度が多いため、耐久性があります。
電気や鉄道工事など夜間作業が多い場合は、視認性がなければなりません。暗闇の中での作業は危険ですので、すぐに自分の姿が見えるようにしましょう。反射板を装備しているものなら、光が少し当たっただけでも反射します。

このように作業用カッパは他にも数多くの種類があります。ですから、作業用途に応じて種類を選べるようになっているのです。
専門業者ではカスタムオーダーもしてくれるため、他にもほしい機能がある場合は相談してみると良いでしょう。反射帯なども取り入れてくれるかもしれません。また、カッパに企業名や企業ロゴなども刺繍してくれます。オリジナルの作業用カッパが完成するでしょう。専門企業だからこそできることです。適正価格で高品質の製品を用意してくれますし、迅速な対応もしてくれます。